口臭の原因の90%以上は、食べカスや歯垢、むし歯、歯周病などお口の中にあると言われています。
 意外と盲点となるのが、「舌苔」です。白や黄色の苔が舌の表面に付着しているように見えますが、舌苔の正体は舌の表面の角質に細菌が溜まったもので、悪臭を放つ原因に関係していると言われています
 舌苔が出来る原因は明らかにはなっていません。病気ではないため、治療の必要はありませんが、口臭予防には除去が効果的です。
 ガーゼなどでこすっても取れますが、色々なタイプの舌用ブラシが売られています。ブラシを使うときは、鏡などを見ながら付着した舌苔を舌の奥から前の方に向かってやさしくなでるように2~3回こすります。歯みがき剤は必要ありません。強くこすりすぎると舌の粘膜を傷付けるので注意してください。