枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

カテゴリ: お知らせ

 最近、治療終了後も定期的にメンテナンスに来院される方が増えています。歯周病の予防や進行を止めるには歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)の中の清掃や、歯石除去するために、歯科医療機関で専門的なクリーニング(PMTCといいます)を受けて、日常のブラッシングで取り残した汚れを取り除く大切さが知られるようになりました。
 ところが、同じように定期的にメンテナンスを受けていても、良好な状態を維持している患者さんと、来院の度に何かしらのトラブルが起きている患者さんに分かれます。
 これはなぜでしょうか?
 それは、治療からメンテナンスに移る際の患者さん一人ひとりのお口の状態に違いがあるからです。
 日常的な口腔ケアが十分にできて、今まであまりむし歯になったことのない方もいれば、すでに大きな修復物を装着されている方、歯ぐきがひどく腫れたことのある方、歯並びに問題があって磨き残しが多い方など、さまざまです。食習慣や食事内容も関係しています。
 その結果、同じようにメンテナンスを受けていてもその効果には個人差が出てしまいます。
 こうしたことからも、歯科のメンテナンスは画一的なものでは効果が十分に発揮されません。
 私たち医療従業者はそれぞれの患者さんのリスク・生活習慣を丸ごと理解したうえで、ケアメニューを検討することが必要と考えています。
 その対応の方法は、例えば、メンテナンスの期間(1か月~6か月)や、メンテナンスの内容(フッ化物の塗布、歯磨き指導)、もしくは再治療して、メンテナンスし易い環境を作っていく等があります。
 こうした判断のために、メンテナンスの際にむし歯の有無や、磨き残しをチェックする口腔内検査、歯周病の進行具合をチェックする歯周病診査、必要に応じたX線診査などを行う場合もあります。
 やはり、歯科疾患予防の第一はセルフケア・セルフメンテナンスです。PMTCを通じて日常的にも適切な口腔ケアを続けてもらえるようサポートに努めています。

 かぶせ物がある歯は、歯ぐきが下がってしまうと歯とかぶせ物との境目が露出して目立ってしまうことがあります。前歯の場合は特に見た目にも影響が出るので「歯ぐきを傷つけないこと」が歯みがきのポイントになります。
 歯ブラシの毛先全体ではなく毛先の一部を使うようにして、歯ぐきのラインに沿ってやさしく磨いてください。
 歯に当てる力は弱めで、鏡を見ながら丁寧に一本ずつ汚れをとるよう心がけてくださいね。硬い歯ブラシは歯ぐきを傷めやすいので“ふつう”か“やわらかめ”がおすすめです。
 一度、傷ついて下がってしまった歯ぐきはその後丁寧に歯みがきをしても元通りにはならないので、十分に気をつけてくださいね。

平成26年2月上旬よりバレンタインフェスタの飾り付けをしてます。2月13日、14日に来院された方にはプレゼントとしてキシリトール100%入りのチョコと歯ブラシを差し上げます☆

 平成25年11月中旬よりイルミネーションなどの飾り付けをしました。12月21日~25日に来院された方にはクリスマスのプレゼントとして歯ブラシなどをさしあげるする予定です。


“予防歯科100”は、予防に力を入れている100歯科医院を紹介するサイトです。予防歯科とは、虫歯にならないよう正しい歯磨きの方法の指導を受けたり、歯のクリーニングをすることで、自分の歯を残し、その結果おいしい食事や良い笑顔を作ることを目的とする診療内容です。

 平成25年10月上旬より、月末までハロウィーンの飾り付けをする予定です。平成25年10月28日~10月30日に来院された方には、プチプレゼントを差し上げる予定をしています。

平成25年7月20日(土)午後1時半より3時まで、キッズクラブの会員のお子さんと一緒に、歯科診療体験や、歯みがき指導などを楽しみながら行う予定です。歯科診療体験では、いつも気になっている歯科用のチェアーのバキューム(お口の水を吸い取る器械)のヒミツを探ってみましょう。また、歯型を取る道具を使って、指の形をとってみましょう。 場所は、宮園歯科医院診療室で、行います。

↑このページのトップヘ