枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

 冬は空気が乾燥し、新型コロナやインフルエンザなどのウイルス感染症が流行しやすい季節です。感染拡大の防止には「三密」(密集・密閉・密接)の回避や手洗い・うがいの徹底、マスクの着用が大切ですが、もう一つ実践してもらいたいことがあります。それは……ずばり、「口腔ケア」です。
 ◇ウイルスが侵入
 なぜ口腔ケアが感染予防につながるのか。それはウイルスが体内に入り込む仕組みにあります。
 ウイルスは生物の細胞内で増殖します。喉や鼻の粘膜に到達すると、粘膜細胞に入るための「鍵穴」(受容体)を探し出し、扉を開けるようにして侵入。細胞内のタンパク質やエネルギーを使って増殖します。
 通常、粘膜細胞は粘液で覆われており、ウイルスの侵入を防御しています。口腔内が不潔になり歯周病が増殖すると、歯周病菌が出す毒素(タンパク質分解酵素)によって粘液が溶かされます。すると粘膜細胞の鍵穴が丸見えになり、ウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
 ◇リスクが激減
 つまり、感染を防ぐには口腔内を清潔にし、歯周病菌を抑えることがポイントというわけです。そのためには歯みがきとともに、歯科医院でプラーク(歯垢)を除去することが欠かせません。
 口腔ケアとインフルエンザの関連を調べた研究では、介護施設で歯科衛生士による口腔ケアを実施したグループと、普段の歯みがきだけのグループを比較。口腔ケアを受けたグループはインフルエンザの発症率が10分の1に激減したと報告されています。
 ウイルス感染症を乗り越えるために、お口の中をきれいに保ち、ウイルスを寄せ付けない体をつくってくださいね。

近年の学校歯科医もびっくり。あまり口腔内の環境が清潔でない子供よりも、清潔で歯周病の無い子供のほうが、成績が良い傾向にあるようです。噛むという行為は、脳への刺激になります。頭が冴えた状態になります。正しく噛むことによって、集中力・思考力・記憶力を高めることができます。しかし虫歯があると強く噛むことができないし、痛みを伴うことがあるので、集中力もなくなってしまうのです。
噛むことは上あごと下あごを結んでいる筋肉だけを使った部分的な運動と思われがちですが、実は脳の血流や機能の促進を含めた全身運動でもあるのです。
子どもの頃からしっかりと噛むことを身につけさせて健康で丈夫な体と心、勤勉で運動能力にたけた人間形成を願いたいものですが、子供は親の期待に添うために生まれてくる訳ではありません。こうした生活習慣を身につけさせれば、おのずとその後の人生が豊かになるのは・・・と思います。

口呼吸が感染症のリスクを高めることを知っていますか。人体は本来、鼻呼吸するように出来ています。鼻にはフィルター機能があり、空気を取り込む際に誇りや細菌、ウイルスを取り除きます。口呼吸では空気が直接肺に入るため、感染リスクが高まります。そこで紹介したいのが、「あいうべ体操」。口や舌を支える筋肉を使うことで、口呼吸を治すことができます。「あいうべ」体操のやり方は、①「あー」と口を大きく開く②「いー」と口を大きく横に広げる③「うー」と口を強く前に突き出す④最後に「ベー」と舌を口から出して伸ばすーーーの4つの動作を一日30回くりかえすだけ。声は出しても出さなくてもかまいません。
◎むし歯予防にも効果的
 鼻呼吸を習慣ずければ、免疫力が高まるだけでなく、口が乾くのを防ぎ唾液による歯の再石灰化を促すことで、むし歯予防にもなります。
空気が乾燥し、風邪をひきやすい季節です。気楽に取り組んでみてください。

 人の歯は、永久歯のうち12本がとがった前歯、20本が平らな奥歯です。イヌやネコなどの肉食動物は、奥歯までとがった歯が並んでいて、肉をかみ切って飲み込むという食べ方をします。ウシ・ウマなどの草食動物は、とがったキバを持つ種類もいますが、多くは平らな歯で食べ物をすりつぶしやすいようにできています。
 歯の形状に適った割合で肉や野菜をバランスよく食べるのが健康に良いといわれます。社会の発展とともに人間の食生活は大きく変化し、加工した穀物や砂糖などの食物が増えるにつれて、むし歯や歯周病に悩まされるようになったといわれます。動物園の動物やペットは野生動物にはないむし歯や歯周病になるそうです。ブラッシングなどの歯のケアは、豊かな食生活の代償なのでしょうね。

 子どもの歯並びが悪いのは遺伝が原因ーー。そう思っていませんか。実は、歯並びは遺伝よりも日常的な癖が影響していることが少なくありません。
 例えば、噛み方や頬づえ、指しゃぶり、舌の位置などが歯並びに影響します。片方の奥歯でばかり噛んでいたり、頬づえを付いたりしていると、あごの形が左右非対称に成長してしまいます。あごが健全に発達しなければ、歯並びが悪くなってしまいます。
 4~5歳を過ぎても指しゃぶりを続けていると、上下の前歯の間にすき間ができ、「出っ歯」になる可能性があります。口を閉じている時、舌が上顎ではなく前歯の内側に付いている場合は要注意。舌の力で少しずつ前歯が押し出されてしまいます。
 歯並びの悪化は見た目の問題だけでなく、むし歯のリスクが高まります。噛み合わせが悪くて食物を十分に咀嚼できなければ、消化吸収や栄養摂取が妨げられ、子どもの成長や健康に悪影響を及ぼします。 
 きれいな歯並びになるため、子どもの癖を注意深く観察してください。そして、食事ではしっかり噛む習慣を付けてあごの成長を促してくださいね。

↑このページのトップヘ