枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

2016年07月

 皆さんの身近に「まだ噛めるから」「痛みがない」といって歯が抜けたまま放置している人はいませんか。「1本ぐらい歯がなくても・・・」は大間違い。治療を受けずにそのままにしておくと、次々と歯が悪くなる原因になります。
 例えば、下顎の奥歯が抜けてしまったケース。反対側で噛むことができるので、治療を後回しにする人がいます。一方の側だけで噛み続ければ、残った奥歯を酷使することになり、深刻なダメージを与えてしまいます。
 抜けたところに隣の歯が傾いてきたり、歯にすき間ができたり、噛み合わせにも変化が起こります。噛んだ時に過度な負担がかかり、歯ぐきや骨を痛めつけることで歯周病になりやすくなります。顎の関節に支障が出ることも。
 歯ぐきがやせ細れば入れ歯が安定しづらくなり、顎の骨が薄くなればインプラントも難しくなります。食べ物が十分に噛めなくなることで消化・吸収にも悪影響を及ぼします。
「気づいたときにはもう手遅れだった」なんてことにもなりかねません。歯が抜けたら放置せず、早めに治療を受けてくださいね。

 野生の動物は歯を失うと必ず死んでしまいますが、人間は義歯(入れ歯)をすれば長生きできます。命と同じくらい大切な義歯。どのように手入れをしていますか。
 食後には義歯を外して歯ブラシで汚れを落とし、歯ぐきも磨いてくださいね。特にバネ(クラスプ)が掛かっている歯は要注意。むし歯になりやすい部分です。磨き残しのないようにしてください。
 寝る前は義歯を外して歯ブラシできれいにし、洗浄剤で浸け置き洗いをしてください。その際、70度以上のお湯を使うのは厳禁です。義歯が変形してしまいます。
 使用時は、ひと洗いしてからお口にはめ、少し噛んで痛くないことを確認してから食事をしてくださいね。もし、痛みがある場合は早めに受診してください。お口に合うようにしっかり調整します。

↑このページのトップヘ