枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

カテゴリ: 歯科情報

 神経をとった歯は当然、神経がなくなっているので痛みは感じません。多くの場合、虫歯が神経に到達する程広がったため、神経をとり、被せ物や詰め物をします。多くの方は神経をとって被せ物をした時点で安心してしまいます。確かに、痛みも感じませんし、被せ物をしているとご自分の歯の部分が全く見えなくなってしまうので、まさかまた虫歯になるとは思いませんよね。ところが、被せ物をしていても被せ物の中はご自分の歯が残っています。よく被せた歯の中は自分の歯がないと思う方もおられますが、自分の歯があるから被せ物が出来ます。
 とても多いのが被せ物の境目から虫歯が広がるパターン。神経をとった歯は虫歯にならないと思っている上に、被せ物の中で進んだ虫歯は見えないので気づかない間に広がっていることが多いのです。虫歯になっても痛みがないのが怖いところなのです。
 治療した歯だから大丈夫ではなく、治療した歯こそ気をつけなければならないということを覚えておいてくださいね。

 歯周病は、口腔内だけでなく、全身にあらゆる影響を及ぼすことが明らかになってきました。最近の研究では、妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産のリスクが5~7倍に膨らむと報告されています。
 歯周病の炎症があると、子宮を収縮させる作用のある物質(PGE₂)の血中濃度が高まります。PGE₂は陣痛促進剤として使われるほど子宮収縮作用があります。また、胎盤から子宮内へ感染した歯周病菌により、絨毛膜羊膜炎(絨網膜と羊膜に細菌が感染し、炎症を起こした状態)が起こります。これが早産を引き起こす一因だと考えられています。
 妊娠初期は食生活が不規則になりがちな上、つわりによっていつも通りのブラッシングができず、お口の中が不潔になりやすくなります。食後すぐに水で強めにうがいをしたり、キシリトールガムや洗口剤を利用するなどして、苦しい時期を乗り切りましょう。また、妊娠中でも歯周病の治療をすれば、炎症を最小限に抑え、早産のリスクを軽減することができます。妊娠中に一度は歯科検診を受けるといいですね。
 妊娠してから歯周病の治療をするのではなく、将来出産したいとお考えの女性の方は、普段からデンタルケアをしっかり行い歯周病の予防をすることが大切です。

 親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。親知らずが正常に生えていれば、比較的簡単に抜歯できます。しかし、歯の大部分が埋まっていたり、歯の根の形が複雑な場合、かなりの注意と手間を要します。抜歯する場合、腫れて痛みがでている状態だと麻酔が効きづらいため、後日、炎症が収まってから抜くのが一般的です。
 親知らずは、あってもなくても良いから抜いてしまうというのは、乱暴な話です。正常に生えて機能している場合は抜く必要はありません。隣接する奥歯を失っている場合など、その部分を補うブリッジや入れ歯の土台に利用できるため、残しておいた方が良いこともあります。抜くメリットとデメリットについて歯科医師と十分に相談されてから決断してください。

 生物は何を食べ、どうやって消化吸収するかで環境に適応し、生き残ってきました。
 草食動物はもっぱら植物繊維などからエネルギーを得ます。なかでも蹄をもつ草食動物は消化の仕方で異なる進化をとげました。一方は牛やキリンなどの多くの胃を持つ偶蹄類。盲腸内細菌の力で発酵・消化させる方法を選んだのがウマやロバの奇蹄類です。
 偶蹄類は一度飲み込んだ食物を胃で発酵させながら、再び口に戻して噛む「反芻」をして効率よく栄養を分解・吸収するシステムを作りました。
 奇蹄類は巨大な盲腸を作り出して腸内細菌の力で発酵・消化させる方法を選びました。
 糞として出される植物の消化具合からは、消化吸収の効率では遇蹄類が優れているようです。現在、種類や数の上で繁栄を勝ち取った草食動物は偶蹄類でした。よく噛むことで消化を助け生存競争に勝ち抜いたといえます。
 さて、人類は雑食性で栄養のバランスを取るといわれます。ところが、モンゴルの遊牧民や極北の先住民など野菜を口にしない人たちもいます。栄養に問題はないのでしょうか。その秘密は彼らがヒツジやアザラシなどの動物を頭からしっぽ、血液まで丸ごと食べることにあります。血液には野菜などに含まれるビタミンやミネラルが含まれるため、栄養素はすべて満たされるといいます。厳しい自然環境で生き抜く民族の適応の形だったのです。しかもこうした民族はむし歯しらずの健康な歯を持っていました。しかし、近代化とともに食生活が大きく変わり、いまではむし歯も増えているそうです。


日常生活の中で口をキっとむすんでかみしめていないか、歯ぎしりはどうか、自分で注意してみて下さい。

包丁を使っている時、字を書いている時、ハンドルを回している時、果てはキーボードを扱っている時でさえ、力を入れなくていいのに、習い始めの緊張がそのまま習慣となって続いている場合がよくあります。
そうすると歯が摩耗し続け、あちこちしみたり、ひび割れが進んだり、歯が割れることがあります。

又、口のまわりの筋肉や顎関節が影響を受け、頭痛、首、肩の痛み等の症状が出てきます。

本来、上下の歯が接触するのは食べ物をかむ時、飲み込む時、会話の時など、一日平均17.5分程度だと言われています。
かみしめてなくても長い間上下の歯があたっているだけで影響が出ます。
一度相談してください。




食べるのには困らなくても、歯の黄ばみなどの変色は気になるものです。
変色の多くは、お茶やコーヒー、タバコのヤニなどの色素が歯に沈着することで起こります。
神経を抜いた歯やむし歯によるものもあります。
まれに、歯の形成期に服用したテトラサイクリン系抗生物質の副作用が原因になることも。


【改善法】
変色の改善方法は、原因によって異なります。
色素沈着による場合は、歯を研磨して汚れを落とすだけでもある程度きれいになります。
ただし、元の歯の色以上に白くはなりません。
色素沈着以外の原因には、歯を薬剤で白くする「ホワイトニング」や歯を削り充填物・技工物で修復する方法があります。
近年、自分の歯をより白く見せるために、「ホワイトニング」を希望される方も増えています。
とはいえ、ホワイトニングも万能ではありません。
もとの歯の色や変色の原因によっては、さほど効果がみられないこともあります。
歯の色が気になる方は、気軽に歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。




ブリッジとは、歯を失った時に両隣の歯を削り、橋(ブリッジ)をかけるように代わりとなるダミーの人口の歯を入れて、抜けた歯を補う治療方法です。
保険が効く一般的な治療です。
ブリッジは入れ歯のように自分では取り外しができないため、安定感があります。
一方で、「においが気になる」という方が少なくありません。
においの原因は、構造上プラークなどの汚れが溜まりやすいことにあります。
しかし、適切にお手入れをすれば、汚れもたまらず、歯周病予防にもなります。

*磨き方のポイント
ブリッジの磨き残しが多い場所は次の3カ所です。ていねいにブラッシングしてください。
①ダミーの歯の下
②ダミーの歯の両隣の歯の連結部
③両隣の歯の被せものと歯肉の間

歯間ブラシやフロス、ワンタフトブラシの併用が効果的です。

*放置で新たなトラブルに
「磨きにくいのであれば、ブリッジを装着しない方が良いのでは?」と考える方もいるのではないでしょうか。
歯を失ったまま長く放置していると、見た目が悪いだけでなく、新たなトラブルの原因になります。
歯が抜けたスペースに隣接する歯が傾倒したり、噛み合う相手の歯が伸びてしまうことが少なくありません。
放置は、連鎖的に歯が抜ける原因にもなります。早期の治療をおすすめします。

↑このページのトップヘ