枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

 むし歯の原因となる「ミュータンス菌」。実は、生まれたばかりの乳児は感染していません。ミュータンス菌は家族などを通じて、乳児の口の中に「侵入」することで感染します。
◇侵入・定着・増殖
 侵入したミュータンス菌は歯にたどり着き、砂糖をエサに住みつきます(定着)。菌が「増殖」すると、いよいよ「感染」となるのです。
 箸やスプーンの共有に神経質になる親御さんも増えています。とはいえ侵入しただけで、すぐにむし歯にはなるわけではありません。口の中で増えた菌が砂糖をエサに酸を作り出し、歯を溶かしてむし歯を引き起こすからです。定着・増殖を防ぐことがむし歯予防のポイントになります。
 ミュータンス菌をアリに置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。砂糖を置いておくとアリがよってきますが、砂糖がなければアリはどこかへ行ってしまいます。口の中に砂糖があるとミュータンス菌が定着・増殖しやすい環境になるのです。むし歯は「砂糖ありき」といえます。
 定着と増殖は、砂糖の摂取頻度といった食生活が大きく関係しています。むし歯は“感染症”であると同時に、“生活習慣病”ともいえるのです。
◇危ない間食3回以上
 幼稚園児を対象にした生活習慣の調査では、むし歯のない園児の70%にはミュータンス菌が存在しないことが明らかになった一方で、間食を1日3回以上とる園児はミュータンス菌の存在と関係が強いことが明らかに。甘いおやつを食べ始めた時期が遅い子は、関係が弱いという結果も。
 侵入を防ぐのも大事ですが、砂糖を減らしてミュータンス菌の住み心地を悪くするのも効果的のようです。
参考文献:岡崎好秀(2017)『世界最強の歯科保健指導上巻』クインテッセンス出版

 「食後30分間は歯磨きしてはいけない!」との報道がテレビ等で伝えられています。これは殆どの人には当てはまりません。食後すぐに歯磨きしましょう。例外として酸蝕症の方は、食後30分以上経ってからの歯磨きがお勧めです。(小児歯科学会)
 酸蝕症とは、酸性の飲食物や胃酸によって歯が溶けてしまうことで侵蝕症とも言います。
 柑橘系果物・黒酢ドリンク・炭酸飲料・スポーツドリンクを頻繁にチビチビ摂取される方や、逆流性食道炎・拒食症・アルコール中毒・摂食障害など嘔吐を伴う方は要注意です。歯の表面が常に「もろい」状態になっています。食後30分は酸性度が高まる為、更に歯が傷つきやすいので唾液の作用で中性に戻るのを待ってから歯磨きを開始しましょう。

 定期健診で来院されている患者さんから歯周病治療後のメインテナンスの間隔を聞かれました。一連の治療によって歯周病は改善しますが、再発の危険性が高いため、メインテナンスは欠かせません。
 間隔は、病状の具合によって異なりますが、3カ月間隔が一般的です。
 治療終了直後は1カ月ごとに来院し、状態に応じて3カ月~6カ月間隔になる場合もあります。
 近年、インプラント周囲炎も増えています。インプラントの周りは天然歯よりも歯周病に感染しやすく、気付きにくいといわれています。
 こまめなメインテナンスをこころがけたいですね。

↑このページのトップヘ