枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

 歯並びや噛み合わせが悪いと、見ためや発音の問題だけでなく、磨き残しが多くなり歯周病やむし歯になりやすくなります。歯並びは遺伝による影響もありますが、食生活や悪癖による影響も少なくありません。
 ◇よく噛む食事を
 あごの骨が成長している子どもの時期には、特によく噛んで食事をすることが大切です。乳歯には顎の成長を促す働きがあり、顎のラインで顔の形が決まります。顎がしっかり成長しないと、永久歯が生えるスペースが足りなくなり、悪い歯並びの原因になるのです。ハンバーグや麺類など軟らかいもの、噛まなくても食べられる食事が多いと、顎は十分に発達できません。
 ◇悪癖をなくす
 ・指しゃぶり/噛み癖
 過度の指しゃぶりや、5歳を過ぎての指しゃぶりは歯並びに悪影響を及ぼす可能性が高くなります。おしゃぶりやタオルなどを噛む癖も歯並び悪化の原因になります。4歳ごろまでにはやめられるようにしたいですね。
ただし、指しゃぶりや噛み癖には様々な原因があるといわれています。無理やりやめさせようとすると、大きなストレスになることもあるので、子どもに寄り添った対応をしたいものです。
 ・頬づえ
 5~6歳ごろから出やすく、無意識にやってしまいます。癖があることを伝え、意識的に減らせるようになることが大切です。

 歯医者に行きたくない理由は何ですか?機械の音が苦手、削る振動が嫌、麻酔の針が痛い、治療がこわい、痛いイメージなど様々と思います。
 しかし、これらは全て病気になってから行く為、歯医者が仕方なくする行為ですよね?
 もし、あなたが全くムシ歯のない状態で歯肉炎のチェックをするだけなら麻酔の注射も削る振動も痛みもないですよね。トラブルが起こった時に受診をするからこわい思いをするのです。削れば歯は弱くなります。削らないようにどのように歯医者とつきあうか?どのような治療方法を選ぶかが大切です。
 口腔衛生学会の調べでは保険の治療で最初にムシ歯を削り始めて18年で1本の歯を失い、銀のつめ物をすると5年後には次のムシ歯ができ、神経をとって銀歯にすると7年後には抜歯になるらしいです。ムシ歯は歯の位置や顎の上下の位置関係、食生活、生活習慣、咬合力など色々な要因があります。
 歯を消費する事に時間とお金を使うか、歯を残す事に使うか、どちらを選びますか?

 親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。親知らずが正常に生えていれば、比較的簡単に抜歯できます。しかし、歯の大部分が埋まっていたり、歯の根の形が複雑な場合、かなりの注意と手間を要します。抜歯する場合、腫れて痛みがでている状態だと麻酔が効きづらいため、後日、炎症が収まってから抜くのが一般的です。
 親知らずは、あってもなくても良いから抜いてしまうというのは、乱暴な話です。正常に生えて機能している場合は抜く必要はありません。隣接する奥歯を失っている場合など、その部分を補うブリッジや入れ歯の土台に利用できるため、残しておいた方が良いこともあります。抜くメリットとデメリットについて歯科医師と十分に相談されてから決断してください。

 むし歯の原因となる「ミュータンス菌」。実は、生まれたばかりの乳児は感染していません。ミュータンス菌は家族などを通じて、乳児の口の中に「侵入」することで感染します。
◇侵入・定着・増殖
 侵入したミュータンス菌は歯にたどり着き、砂糖をエサに住みつきます(定着)。菌が「増殖」すると、いよいよ「感染」となるのです。
 箸やスプーンの共有に神経質になる親御さんも増えています。とはいえ侵入しただけで、すぐにむし歯にはなるわけではありません。口の中で増えた菌が砂糖をエサに酸を作り出し、歯を溶かしてむし歯を引き起こすからです。定着・増殖を防ぐことがむし歯予防のポイントになります。
 ミュータンス菌をアリに置き換えて考えてみるとわかりやすいかもしれません。砂糖を置いておくとアリがよってきますが、砂糖がなければアリはどこかへ行ってしまいます。口の中に砂糖があるとミュータンス菌が定着・増殖しやすい環境になるのです。むし歯は「砂糖ありき」といえます。
 定着と増殖は、砂糖の摂取頻度といった食生活が大きく関係しています。むし歯は“感染症”であると同時に、“生活習慣病”ともいえるのです。
◇危ない間食3回以上
 幼稚園児を対象にした生活習慣の調査では、むし歯のない園児の70%にはミュータンス菌が存在しないことが明らかになった一方で、間食を1日3回以上とる園児はミュータンス菌の存在と関係が強いことが明らかに。甘いおやつを食べ始めた時期が遅い子は、関係が弱いという結果も。
 侵入を防ぐのも大事ですが、砂糖を減らしてミュータンス菌の住み心地を悪くするのも効果的のようです。
参考文献:岡崎好秀(2017)『世界最強の歯科保健指導上巻』クインテッセンス出版

↑このページのトップヘ