枚方市の「宮園歯科日記」

大阪 枚方市の歯医者さん 【宮園歯科医院】 より、 「当院のお知らせ」 と 「歯科の耳寄り情報」 をお届けします。

歯やお口のお悩みはお気軽にご予約 TEL 072-848-1105 ください。

 むし歯の予防に「フッ素」が役立つことがよく知られるようになりました。 
 歯科で使われる場合、正式には「フッ化物」と呼ばれます。フッ化物の未利用はカリエスリスクの一つにもなるほど、その予防効果は明らかになっています。
 ◇むし歯の予防する3つの作用
 ①再石灰化を促進し歯を修復 
  歯の表面のエナメル質に付着したむし歯菌が作り出した酸によって歯からはカルシウムなどが溶けだします。フッ化物は唾液に含まれるカルシウムやリンなどの歯への再沈着を促します。 
 ②歯を強くする
  エナメル質を作るカルシウムと結びつくことで歯質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。
 ③細菌の酸産生を押さえます
  ブラッシングで落とせなかったプラークに棲む、むし歯細菌の活動を抑えて、酸が作られるのを防ぎます。
 ◇利用方法
 ▽フッ化物配合歯みがき剤を使用することで、歯磨き中や歯みがき後に口の中に残ったフッ化物が歯の表面に作用します。
 ▽フッ化物洗口
  フッ化物洗口液で口をぶくぶくすすぐ方法です。一般の薬局でも高濃度の液の販売が認められるようになりました。
 ▽フッ化物塗布
  歯科医院などで高濃度のフッ化物を直接、歯に塗る方法です。年に数回行うと有効です。乳幼児の生えたての歯は未成熟でむし歯になりやすいため、特に効果的。

 ◇「低栄養」とお口の関係
 高齢者の「低栄養」が問題になっています。低栄養とは、身体を動かすために必要なエネルギーや、筋肉を維持するためのタンパク質が不足している状態です。
 高齢者の「低栄養」は自立度を低下させ、最悪の場合寝たきりになってしまうこともあります。そして、この低栄養と口腔内の状態には関連があることがわかってきました。
 70歳以上の高齢者のうち、「噛めないものが多い」と答えた人のうち約33%が、「噛んで食べることができない」と答えた人では約63%が低栄養の傾向にあるという報告があります。
 ◇歯みがきとメンテナンス
 老後もいつまでも元気に過ごすためには、健康的な食事や運動を心がけるだけでなく、しっかり噛んで食べられる健康な歯を維持することがとても大切です。
 正しい歯みがき習慣を身につけることと、定期的にメンテナンスを受けてお口の健康管理を心がけることが、歯と全身の健康寿命を延ばすことにつながります。

 日本人の9割は口臭を気にしたことがある――。民間企業の意識調査(2019年)で、こんな結果が出ました。特に男性の「口の悩み」では、むし歯や歯の黄ばみなどを抑えて口臭が1位にランクインしており、大きな悩みの種になっています。
 口臭は多かれ少なかれ、誰にでもあるものです。例えば朝起きた時、口が少し臭うことはありませんか。これは睡眠中に唾液の分泌が減り、細菌が増えやすくなるからです。ニンニクやお酒を飲んだ後も臭いますよね。こうした生理的な口臭は時間が経てば収まります。
 問題になるのは、慢性的に強い臭いを発する病的な口臭です。胃や腸など内臓疾患が原因の場合もありますが、臭いの原因のほとんどは歯周病と言われています。歯周病は悪化すればするほど細菌が増殖し、強烈な臭いの元凶となります。
 でもご安心ください。歯周病はセルフケアと歯科受診で治療できます。つまり、ほとんどの口臭は抑えることができるのです。口臭が気になる方はぜひ受診してくださいね。

 歯みがきの後の歯磨剤はよくゆすいで吐き出す―。皆さん、そう習ってきたのではないでしょうか。しかし、世界で最もむし歯が少ないといわれる歯科先進国・スウェーデンでは、“口をゆすがない”歯みがき法が実践されています。
 スウェーデンの研究者らは1995年、「イエテボリ・テクニック」と呼ばれる新しい歯みがき法を発表しました。最大の特徴は歯をみがいた後、口をゆすがないこと。歯磨剤に含まれるフッ化物を洗い流さないようにして、フッ化物によるむし歯の予防効果を最大限生かします。
 研究では、イエテボリ式の歯みがき法は、通常の歯みがき法よりも40%以上、むし歯の予防効果が高いといわれています。
 【イエテボリ式歯みがき法】 
 1.フッ化物入り歯磨剤を2cmほど歯ブラシにつけ、歯全体に広げる 
 2.2~3分間みがく
 3.口の中の泡などを吐き出さず、10~15ml程度の少量の水を口に含み、まんべんなく泡がいきわたるよう、ブクブクしてから吐き出す
 4.その後、2時間は飲食をしない

 歯みがき後は流水でよく汚れを落とし、風通しの良いところで乾燥させてください。毛先の水気をタオルやキッチンペーパーなどで拭き取ると早く乾きます。汚れが付着していたり、濡れたままになっていたりすると細菌が繁殖しやすくなります。
 消毒のために熱湯をかける人がいますが、耐熱温度を超えてしまうと歯ブラシにダメージを与えてしまいます。
 日に2~3回歯をみがく場合、交換時期は1カ月が目安。毛が開いていなければ「まだまだ使える」と思うかもしれませんが、毛のコシがなくなります。
 毛先が開いてくると歯垢(プラーク)の除去率は約4割ダウンとも。早めに交換することをオススメします。

↑このページのトップヘ